大ぶりの実で、葉の裏側が他品種に比べて白っぽいことから、スペイン語で白い葉を表すオヒブランカと名付けられました。

スペイン国内では3番目に普及している品種であり、南部のアンダルシア地方を中心におよそ26万5000ヘクタールの土地で栽培されています。

深い緑のトーンを帯びた黄金色に輝くオイル。
バナナや青いフルーツ、若草の香り。
アーティチョークやクローバー、
アルファルファを思い出させるとてもフルーティーな風味。
すばらしいハーモニー、かつ多様性と持続性のある味わい。