小粒の実で、アルベキーナという名前はリェイダ県にあるアルベカという小さな村に由来します。

栽培面積が増えている品種のひとつで、スペイン北部のカタルーニャ州とアラゴン州を中心に、およそ8万ヘクタールの土地で栽培されています。

わずかに緑のトーンを帯びた黄金色に輝くオイル。
トマトや青いフルーツ、オレンジの花の香り。
リンゴやアーモンド、
黒コショウを思い出させるフルーティーな風味。
すばらしいハーモニー、かつ多様性と持続性のある味わい。